So-net無料ブログ作成
検索選択

『彩雲国物語』DVD SPECIAL SITE

↑ アニメ続編切望中 ↑


[ひらめき]ななみ の もうひとつのブログ(非オタ(^^;))・・⇒こちら


シアトリカル・ライブ版「義経千本桜」感想(T T) [関智一さん]

ちょ〜、久々に、イベント参加の[感想]を書いておこうと思う。
なぜかというと、いつどこで何を観て、どんな感想を持ったのかを、どんどん忘れて行っているから(苦笑)

一言で言うと、関智一さんへの想いが、またまたUP[exclamation×2]でございます(笑)

ちなみに、あらすじとか、ストーリー的なことはほとんど書いていないので、
そういったレポにはまったくなっておりません。
ああ、でも、それも書いておかないと、忘れるかな〜(^^;)
『朗読劇』は、実は、声優さんが出演されるイベントの中で、最も好きな設定の一つ。
声だけで、演技をする、そこが、私にとって、声優さんの一番の魅力だから。
大好きな声の中に、ずっと居られる、それだけで、耳が、心が、幸せ。

今回は、企画が発表になり、キャストが発表になった瞬間から、久しぶりに胸が高鳴った。
義経が主役なのに、関さんが義経じゃない?弁慶が、和彦さん?
と、義経も弁慶も『遙か』のイメージしかない私には、ちょっとした戸惑いもあったが、義経が浪川さんというのも、それはそれで、めちゃくちゃ期待できる。さらに、沢城さんの演技は天才的なのはよく知っている・・・小林くんのことは、まだよく存じ上げないけれども、アルスラーンの演技も声も結構気に入ってたし・・・
キャステイングを知った段階で、もう、これは、行こう!と、決めたw

実は、浪川くんの演技も、和彦さんの演技も、沢城さんの演技も、ヘロQで観てきたわけで、大好きな関さんが、これまでヘロQで客演された方々と、こうして共演する姿が観られるのも、なんだか嬉しかった。

で、で・・・・
前から4列目で観ることができ(残念ながらかなり端の方ではあったが)、さらに、関さんに一番近かった(><)
関さんの役って、どういう風に、義経や源九郎狐に絡むのかなあ?と思っていたのだけれど・・・
観ているうちに、なんだか、これは、非常に重要な役じゃない??と思い始め、なんだかゾクゾクしてきた。
途中、源頼朝役を演じるシーンがあって、「義経を殺せ」というセリフに、私の『源九郎義経=CV.関智一』という脳内設定が、邪魔をして、なんだか変な気分になったりしたげ、それも最初だけのことで、本役の「吉次」とは、全く別の「頼朝」の演技もまた、素晴らしくて、衣装は「吉次」のままなのに、なんだか姿まで「頼朝」に見えてくるような、感じで・・・。

和彦さんが、二役(生きている頃の弁慶と狐が化けた弁慶)を、演じることはわかっていましたが、まさか、もう一役あったとは・・
しかし、さすが、和彦さん(*^ ^*)どれも、素敵でした。。。。。。。。
あぁもう、和彦さん、かっこよすぎます(笑)
いい声すぎるし。。。。。。

浪たんも、当たり前だけど、上手い。。。。この人、本当に。。。。
今回の義経は、弱かったり、優しかったり、寂しかったり、悲しかったり、投げやりだっり、強かったり、本当に色々な感情のシーンがあって、どれもこれも、本当に、その感情が、そのまま伝わってくる。
そして、こういう役、やっぱり、いいわぁ。。。。
浪たんの、こういう役、大好き。
平和を愛する、優しい、でも悲しい、でも強い、そういう役。
あ、そっか・・・・私の原点、彩雲国の、浪たんの役もそうか(笑)

沢城さんも、重々承知しているけど、上手い・・・・(なんというか、それ以外に言葉が見つからないくらいに上手い)
源九郎狐と一緒に、泣きたくなったよ。ホント・・・

小林裕介クンのことは、アルスラーンとヨナでしか、知らなかっただけど、このキャスト陣にキャステイングされているんだから、きっと素晴らしい演技を見せてくれるんだろうと思ってたけど、うんうん、期待どおり。今後も、楽しみだなぁ。

で、もう一度、関さんの演技の素晴らしさを・・・(笑)
私、この人が、本当に好きみたいです(しつこい)
今まで(特に最近)は、演技が好き、人が好き、と思ってたけど、やっぱり、声も大好きなんだ、と今更のように気がついた(笑)

今回の役は、多分、非常に難しい役で、最後の最後まで、本人の本当の姿を、本人しか知らない、という設定。他の役の人も、観客も、誰も、彼の本性を知らないまま、話が進む。
本人だけが、本人の素性を知っていて、その立場で、全てを俯瞰している。
前述したように、途中から、これは重要な役回りだぞ、と思ってはいたけれど、泣かせる元凶(笑)が、関さんだったとは・・・・
今回は、どう考えても、一公演しか観られなかったので、悔いはないが、最後に彼の素性を知ってしまったら、今度は、最初から彼の素性を知った上で、観てみたいと思った。きっと今回気づけなかった関さんの演技の凄さを、違う面からも見ることができただろうから。

しかし、ホントに、関さん、すごい(「すごい」しか、書けない自分の語彙力が悲しいw)
世の中を損得で考えている商人として、ずっと存在していたのに(もちろん所々、そうでもない?と思わせる伏線はあったけど)クライマックスでは、お金とか、損得とか、すべて度外視で、一瞬の判断で、自分の命を、差し出す・・・
そして、その彼の思いに、一気に、引き込まれてた。
あの求心力は、本当に、すごい
(私だけかな?、ま、それでもいいんだけど(笑))

さらに、その彼の思いを、そのまま表現する和彦さん(観てない人には意味がわかんないよねwすみません)
が、またすごいと思った(T T)
なんかね、関さんと和彦さんの連携演技にも、めちゃくちゃ感動した。。。。
同じキャラクターを、関さんと和彦さんが演じている、ほんの短いシーン。
鳥肌ものでした。

違う人が、違う衣装で、違う声で、演技しているのに
同じキャラクターが同じ思いで、その声を発している、現実にはあり得ない、すごく不思議な事実が目の前で起きていて・・・・
それが、大好きな、関さんと、和彦さんで・・・
遙かの九郎と景時で・・・
あぁ、書いてて、マニアックすぎて、偏りすぎてて、完全にアタマおかしい(笑)

トップの声優さんって、本当にすごい。
関さんと岩田さんの本を読んでから、そのすごさは、「天才だから」ってだけでなくて、努力の賜物だということに、これまで以上に気づかされているので、そういうレベルにある人たち、そういうレベルを保っている人たちの生の演技に触れると、それだけで感動してしまう。

特殊な演出もあるとアナウンスがあったので、いろいろ起きるとは思ってたし
最後は桜が咲くのだろうとは思っていたけれども
桜の花びらの量が半端なかった(^^;)
完全に絨毯になる量だったからね。
大変申し訳ないけれど、私の個人的な感覚としては、あまりに長い間、すごい量が降り積もったので、舞台に集中できず、ぶお〜という、風の音が目立っちゃったのも、ちょっと邪魔でありました(^^;)
まぁ、あれだけ降り積もらせるのも、きっと、敢えての演出だったとは思うけど。
こういったことは、個人の感覚の違いだからね。
ま、おかげで、わざわざ拾わなくてもカバンの中に、たくさん花びらを持ち帰ることができましたが。
それも、演出のひとつだったかもね、おうちに帰って、カバンからお財布を出したら、一緒に花びらがハラッと出てきて、今日の舞台を思い出す、みたいな。

そして、今回の朗読劇とは直接関係ないけれども、今回の朗読劇を観て、ヘロQのレベルの高さを再確認(←おかしな展開w)
シアトリカル・ライブは、かなり力のおありの藤澤さんの原作・脚本・演出だったわけだけれど、現在のヘロQは、脚本も演出も関さんだったりする(もちろんその他たくさんの方の力添えがあるのも知っているけれど)わけで・・・・それで、あのクオリティ。。。。(もちろん、朗読劇と演劇では、そもそも比べられるものではないけれど)
他の声優さんの劇団の公演をほとんど見たことがないので、ヘロQの評価を勝手に高くしているのかもしれないけど(^^;)
著名な演出家の方の、朗読劇を見て、ヘロQの素晴らしさを再確認する、このアタマのおかしさ(笑)
まぁ、結局のところ、好みの問題なんで、要するに、ただ単に私が、関さんを、ヘロQを、大好きだってことに尽きるんですよね(^^;)

文体もバラバラで、文章も支離滅裂で、全然まとまってないけど
とりあえず、今回は、
何も取り繕わずに、今日の感情を残しておくことが大事なので。
そもそも「ブログ」だし。
そのように、記録をしておきましたとさ。

最後に
今日の舞台に関わった全ての人たちに、感謝(^^)


さて、また次の記録はいつになるやら(苦笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
『彩雲国物語』DVD SPECIAL SITE